KLスーパー・市場

【徹底攻略】マレーシアTTDIウェットマーケットを調査!鮮度や値段は?

はじめに

先日、TTDIウェットマーケットという名前で現地の日本人にお馴染みの「Taman Tun Wet Market」へ行って来ました!

場所は日本人が多く住むMont Kiaraエリアからすぐ近くのDamansara(ダマンサラ)というエリア。

ウェットマーケットというのは生鮮市場の事で、日本でいう築地市場や大田市場をちょっと小さくしてまとめた感じです(笑)

野菜・フルーツ・鶏肉・豚肉・牛肉・鮮魚を扱うお店がエリア毎に分かれており、この建物だけで全ての食材が手に入るほど品揃えも豊富!

今回は初めてTTDIウェットマーケットに行く方でも上手に買い物が出来るよう、徹底的にレポさせて頂きます!

 

 

TTDIウェットマーケットについて

マレーシアではウェットマーケット(生鮮市場)がChow kitやPuduなど色々なところにあります。

なぜTTDIウェットマーケットが現地の日本人に人気かと言うと・・・

  • 美味しい豚肉が買える
  • 市場内が綺麗
  • 日本語が通じる

①美味しい豚肉が買える

豚肉を買う為に来る方もいるくらい、TTDIウェットマーケットは豚肉が美味しいと有名なようです。

買って食べてみて納得しました!後述します!

 

②綺麗

場所によって屋外のウェットマーケットも多く、虫や臭いが気になる事も・・・

その点TTDIマーケットは屋内にあり、建物内も清潔で安心です。

 

③日本語が通じる

こちらも後述しますが、豚肉や鶏肉などのお店では日本語でのオーダーが出来ます。

これにはビックリ!(笑)英語に自信が無い方でも気軽に買い物が出来ます。

 

 

行き方

Grabや車で行かれる場合は行き先を

Taman Tun Wet Market もしくは Wet Market TTDI

と入力して下さい。

電車で行く場合はMRTスンガイブロー〜カジャン線のTTDI駅(Taman Tun Dr Ismail駅)が最寄駅になります。

駅からは徒歩で5分くらいのようですが、ポンタのオススメは断然Grabです!!

【Grab グラブ】マレーシアのタクシーの使い方!クーポンあり◎

目次はじめにGrabの良い・悪いところGrabの利用方法初回限定クーポンまとめ はじめに ポンタがマレーシアに来た頃、日本との違いにかなり苦労しました。 コンビニで売っている物の質が全く違ったり、携帯 ...

続きを見る

マレーシアでは電車が時刻通りに来なかったり都市部以外は歩道が狭くて歩きづらいことも多いので、もし電車で行かれる場合は十分ご注意下さい。

 

 

持ち物に関して

マーケット内のお店では基本的にクレジットカードが使えません。

お越しの際は事前に「現金」を用意して下さい。

私が見た限り近場にATMも無いので前もって用意する必要があります。

また、鮮魚などは汁漏れしてしまう可能性があるので小さめの「ビニール袋」「保冷剤」等もあればさらに良いと思います!

 

 

買い物の仕方

豚肉や鶏肉、鮮魚のお店ではオーダーが入ってから切り分けたり準備をしてくれます。

お店の前で待つのも良いのですが、効率を考えるとある程度順序を立てて買い物をした方が良いかもしれません。

ポンタのオススメは...

step
1
豚肉をオーダー(入り口近くのため)

step
2
鶏肉や鮮魚をオーダー

step
3
野菜や果物を購入

step
4
鮮魚・鶏肉・豚肉と受け取り&支払い

比較的混雑するのは豚肉のお店なので、最初にオーダー・最後に受け取りがベストでしょう。

その他のお店の順番は比較的自由にアレンジして良いと思います。

 

豚肉の買い方

TTDIウェットマーケットの入り口には正面にすぐ階段があり、そこを登ってメインフロアというような感じになっています。

マレーシアはイスラム国家であり、豚肉はムスリムの方からすると「不浄の生き物」と言われていて、食べる事はもちろん触る事さえ避けられています。

その為、豚肉のお店はメインフロアとは離れた駐車場の一角にあります。
階段を上るのでは無く、脇にある下り階段から駐車場に進む必要があるのでご注意下さい。

豚肉のお店は3つか4つだったと思いますが、マレーシア在住の日本人の方に有名なのは右奥の「LEE WAH TRADING CO.」というお店。

今回はそちらで購入しました。

注文の仕方は・・・

step
1
紙に欲しい商品の名前と分量、自分の名前を書く

step
2
右側にあるカゴにその紙を入れる

たったこれだけでOK!
後は他のお店を周って取りに来るだけです。

ここの店員さんは気さくで、お店の前で眺めていたら日本語で

店員さん
シャブシャブ〜?ショウガヤキ〜?トントロ〜?ヒキニク〜?

っと片言の日本語で聞いてきてくれるので、初めてでも安心して注文出来ます。

ポンタが書いたメモ

(字が汚くてすみません...)

これだけ買ってRM42。(日本円で約1200円)

お肉の鮮度も申し分無く、まず見た目が凄く綺麗なピンク色です!

スーパーで購入する豚肉はたまに豚臭というか、独特な臭いがする場合があるのですがこちらで購入した豚肉は全く臭くありません!

正直、ポンタが仕事で業者から買っている豚肉より鮮度も味も良いと思います(笑)

 

鶏肉の買い方

メインフロアに上がり、1本目の路地が鶏肉のエリアです。

左右どちらにもお店が並んでおり、全部で5〜6店舗ほどかな?

今回は他の日本人の方のブログでも書かれている「GUAN KEE POULTRY SUPPLIES」さんへ。

こちらは抗生物質フリーのABFチキンのお店らしく、スーパーでもいつもABFチキンを買うポンタも安心して購入が出来ました。

ここの店員さんも日本語が話せるようで

店員さん
モモ〜?ムネ〜?カラアゲ〜?

と聞いて来てくれました(笑)

紙に書いてオーダーする方もいるようですが、ポンタは口頭で。

モモ肉4枚と胸肉1枚でRM22(日本円で約600円)

マレーシアでは骨つきのまま売られている事の多いモモ肉ですが、こちらのお店では骨無し皮無しという注文も出来るので手間が省けて良かったです。

ちなみに主観ではありますがマレーシアの鶏肉は日本より美味しいです!!

もちろん日本の地鶏と比べたら負けるかもしれませんが、基本的に日本はブラジル等から輸入したブロイラーという種類の鶏肉が多く流通していて、それと比べれば段違いに美味しいです。

国産鶏っとだけ書いてあるブランドじゃ無い鶏肉と比べてもマレーシアの鶏肉の方が美味しいかも。

 

鮮魚の買い方

鶏肉のエリアから一本進んだ、入り口から見て2本目、3本目の路地が鮮魚のエリアになります。

鮮魚のお店も全部で5〜6店舗ほど。

ポンタは職業柄魚にはうるさく、正直マレーシアの有名なスーパー等では魚はほとんど購入しません。

暖かい国なのでどうしても鮮魚に関しては劣化が早く、店頭に並んでいる魚で抜群の鮮度のものと出会う事は残念ながら無いと言えます。

せっかくウェットマーケットに来たのだからじっくり見ようと、ほぼ全ての店舗を見て周りましたがどこのお店も鮮度・価格ともに大きな差はありませんでした。

こちらの横並びの2店で購入

今回は刺身用のサーモン500gとイカを3杯、海老を8尾、アジに似た小さな魚を3尾購入!
全部でRM80(日本円で約2200円)

イカや鯵もどきは内臓を取って下処理してくれ、海老も殻を剥いてくれました。

生ゴミが減るのって結構嬉しいですよね!

 

サーモン

ポンタがお店で使っている物に比べると見劣りしてしまいますが、臭みも無く充分刺身で食べられる鮮度でした。(お店では日本から空輸しているので比べられませんね・・・)

イカ

普通のスーパーで購入した物は臭みが強く、濃い味付けにしないと食べれない事が多いのですが、今回購入した物は塩茹でで食べれるくらい臭みが少なかったです。

海老

様々な種類がありしたが比較のため普段から良く食べるブラックタイガーを購入。普段はたまにする贅沢として活ブラックタイガーを購入しているのでどうしても高くなってしまうのですが、こちらではリーズナブルに普段とそんなに遜色の無いブラックタイガーが購入出来ました。

アジ(みたいな魚)

目が凄く綺麗だったので購入したのですが、捌いてみても凄く味が綺麗!

刺身で充分いける鮮度だとは思ったのですが、万が一お腹が痛くなってしまったら嫌なので、念のため竜田揚げにしました(笑)

これは凄く美味しかったです!

鮮魚はやっぱり難しく、スーパーだろうが市場だろうがその日並んでいる魚の中で鮮度の良い物を選ばなくてはいけません。

同じ種類の魚でも鮮度の良い物・悪い物があるので、次回もう少しじっくり見て購入&レポしたいと思います。

 

果物・野菜の買い方

鶏肉のエリアの奥が果物、鮮魚のエリアの奥が野菜になっています。
果物は2〜3店舗ほど、野菜は4〜5店舗ほどでした。

果物は量り売りなのでカゴに好きな種類を好きなだけ入れてお会計して貰う形になります。

今回はマンゴー2個とマンゴスチン4つ、リンゴ1個を購入。RM22(日本円で約600円)

フルーツに関しては日本より圧倒的に安いので貴重なビタミン補給に重宝しています!

また、店員さんが食べ頃を教えてくれるのでその点も◎!

最後に野菜に関してですが、小さく小分けし袋詰めされていたっという理由でこちらの左のお店に(笑)

マレーシアのスーパーに並ぶ野菜は中国からの輸入品が多く、個人的にはあまり・・・な感じだったのですが、ここで購入する野菜は現地の野菜なのか美味しかったです!

ほうれん草、チンゲン菜、生キクラゲ、オクラ、もやし、長ネギ、山芋など細々とした物を購入したのですが会計がRM50(日本円で約1350円)ちょうど(笑)

レジのおばちゃんもメモを取る事も無くバンバン袋に詰めていて、値札は貼ってありますがかなりアバウトな価格設定です(笑)

後で調べたところ、沢山購入するとボッタクられる事があるようですが、それもご愛嬌でしょうか(笑)

 

 

まとめ

以上、TTDIウェットマーケットのご紹介でした!

今回は平日の朝8時頃に着き、10時頃までの2時間滞在しました。

思っていたより人が少なくストレス無く買い物する事が出来ましたが、曜日や時間帯によっては混雑する事もあるようなので比較的早い時間に行かれる事をオススメします。

卵を買い忘れてしまったのと、牛肉や上の階のインド料理店のレポもしたいのでまた次回行った際には追記させて頂きたいと思います。

全体的に鮮度・価格共にオススメ出来る場所なので、この記事を参考にぜひ行ってみて下さい〜!

ポンタ

-KLスーパー・市場

Copyright© KLのポンタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.