KL移住

マレーシアのローカル散髪屋で激安ヘアカットを体験!驚きの値段!

はじめに

海外旅行と違い、「海外移住」となると様々な課題や問題が生じます。

住居探しはもちろん、光熱費の支払いやインターネット・スマホの契約など日本に住んでいれば当たり前のようにしていた事も「海外」というだけで勝手が違い、一気にハードルが上がる事がしばしば。

今回はそんな生活に関する問題を解決するためにポンタが挑戦します!

本日のテーマは「ヘアカット」です!

マレーシアにお住いの方はもちろん、旅行に来た際に社会見学として挑戦してみるのも面白いかもしれません(笑)

 

 

マレーシアのヘアカット事情

マレーシアも日本と同じで「美容院」「床屋」があります。

また日本人の美容師さんが担当してくれるお店も多くあります。

美容院はヘアカラーやパーマなど日本と変わらないサービスが受けらますが、値段もそれなり。

床屋は「中華系」「マレー系」「インド系」など人種毎に分かれている事も多く、中々入るのに勇気が必要です。

しかし今回はポンタの挑戦という事なので、思い切って床屋へ…

その中でも出来る限り「激安」のお店を探しました!

普段買い物に出かけるショッピングモールやスーパーの付近で色々調べた結果、今回は「QC HOUSE JET CUT」さんをご紹介します。

 

 

QC HOUSE JET CUTとは?

日本にある10分カットで有名な「QB HOUSE」さんとシステムも内容もほぼ同じ!

関係があるのかパクりなのかは分かりませんが、主な内容としては

  • カットのみ
  • シャンプー&セット無し

という感じです。

切った後の髪の毛は特殊な掃除機のような物を使って吸い込んでくれるので、お出かけの最中にカットしても問題はありません。

そして何より「値段が安い」のが特徴!

日本のQB HOUSEも1200円と激安ですが、マレーシアのQC HOUSEはRM18(日本円で約470円)と日本より遥かに安い!!

ただその分仕上がりはどうなのか不安ですよね?

では実際に入店・カット〜支払いまでの流れをカット後の写真を含めご紹介したいと思います!

 

 

カットの流れ

今回利用したのは以前ご紹介した「NSK Kuchai Lama」の2階にある店舗。

外から見る分には日本の10分カットのお店とほぼ変わらないのですが、やはりここはマレーシア。

言葉も上手く通じないという不安があり、実際に入るにはかなり勇気がいりました!

step
1
入店

step
2
席へ案内される

step
3
カットの仕方をオーダー

step
4
カット開始

step
5
カット終了後、確認をして問題がなければ支払い

ここで肝心なのがstep3のオーダー!

英語が堪能な方なら問題ないかもしれませんが、ポンタは英語初心者…

写真を見せるというのも手でしたが、ポンタの挑戦がこの企画のテーマだったのでつたない英語でオーダーしてみました。

店員さん
どんな感じにする?
ショートカット!(知ってる単語言っただけ)
ポンタ
店員さん
こことここ短くする?(サイドと襟足に触れながら)
イエス!
ポンタ
店員さん
ここはどーする?(トップに触れながら)
アビットカット!
ポンタ
店員さん
じゃーこんな感じ?(見本写真を見せられる)
オーケー!オーケー!
ポンタ

※店員さんはもちろん全て英語です。
大体のニュアンスでポンタ的に解釈しております。

こんな感じでほぼ店員さん任せでオーダー。

リードしてくれる店員さんでかなり助かりました!

マレーシア…特に中華系の男性にはツーブロックが流行っているので、ショートカットとオーダーすると自動的にツーブロックになるようです(笑)

カット自体は15分ほどで終了し、髪の毛を掃除機で吸われて終了。

もし仕上がりが気に入らなければ支払い前に調整はしてくれます。

ポンタはどうリクエストして良いのか分からず諦めていましたが、幸いにもそこまで不満が無かったのでそのまま終了!

 

 

仕上がり

出来上がった髪型がこちらです!

(翌日お風呂上がりにノーセットで撮影)

チャイニーズ感強めの髪型になってしまいますが、そこはご愛嬌(笑)

今まではオヨメちゃんが行く美容院に一緒に行き「日本人の美容師さん」RM150(日本円で約3900円)で切って貰っていました。

ですが今回お店はRM18(日本円で約470円)なのでいつもの美容院の約8分の1!

超激安です!!!

ポンタのように髪型にこだわりが少ない方やお子様、ベリーショートの方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか♪

 

 

まとめ

以上、「QC HOUSE JET CUT」さんのご紹介でした。

ちょっと変わりダネな今回の記事でしたが、現地のリアルな情報として今後も色々な事に挑戦していきたいと思います!

次回の記事もぜひご覧下さい。

ポンタ

-KL移住

Copyright© KLのポンタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.