KL移住

【EMS】日本からの荷物が届かない?マレーシアでの失敗例と成功例

はじめに

初海外生活中のポンタ夫婦ですが、今のところ試行錯誤しながら何とか生活出来ています。

しかし最初は戸惑うことも多く、何より「食文化」の違いが大きなストレスになっていました…。

マレーシアは他の東南アジアに比べると比較的日本食レストランや日本食品を扱うスーパーが多くあります。

現に日本食材などを扱うスーパーには毎週のようにお世話になっていますし、日本食レストランにも何件も行きました。

それでもやっぱり輸入品なので日本の1.5倍の値段設定だったり、欲しいものが全てあるわけではないので「日本って凄かったんだ…!」と改めて感じることがしばしば…。

また、オヨメちゃんが愛用しているリップクリームがマレーシアでは手に入らないという問題も!!

どうしてもこのリップじゃないとダメという物があるらしく、移住前に10本買い溜めしたのですがそれが足りなくなりピンチに。

そこでポンタ達が考えた秘策が「日本で購入した物をマレーシアに送る」という技(笑)

少し変わった記事になってしまうかもしれませんが、ご紹介したいと思います!

 

 

EMSとは?

日本郵便が提供しているサービスで、正式名称は「国際スピード郵便」です。

日本では日本郵便、マレーシアではPOS(マレーシア版郵便局)が配送を担当しています。

郵送料金は送り先の国や荷物の重さによって決まります。

EMSの料金表はこちら

国際郵便を送る方法は他にも沢山ありますが、日本に送ってくれそうな人がいる場合は「早さ」「安全性」を考えるとEMSが一番だと感じます。

良いところ

最速3日で届く(KLの場合)
郵送物番号による追跡が可能

悪いところ

料金が高い

という特徴があります。

 

 

EMSの利用方法

ポンタ達はオヨメちゃんの実家が東京にあるので、オヨメちゃんのお父さんに発送をお願いしています。

step
1
荷物を梱包し郵便局に持ち込む

step
2
伝票を記入する

step
3
内容物の詳細と金額を伝える

step
4
料金を支払い追跡番号を貰う

step
5
マレーシアに到着し税関を通過

step
6
自宅コンドミニアムにて受け取り

という流れになります。

ここで注意すべきは③と⑤!

日本の郵便局で荷物の詳細いくら分の物が入っているか金額を記入するのですが、それをマレーシアの税関でしっかりチェックされます。

もちろん一定金額を超えていたり関税がかかる物が荷物に含まれているとアウト!

(この一定金額については後述します)

税関にて関税を支払わないと荷物が届きません。

今まで2回利用したのですが「EMSが届かない!」という事態が起きたことがあるので、ポンタ家で実際に利用した際の流れをご紹介します。

 

 

1回目:失敗例

1回目はマレーシアではあまり手に入らない調味料やインスタントスープなどを楽天で購入し、その他にマレーシアに持ってきれなかった服を送ってもらうことに。

また、オヨメちゃんのお父さんが気遣って色々な救援物資を買って入れてくれました。

伝票

内容物:衣類・食品

金額:20,000円

この2万円というのが引っかかったみたいで、順調に日本から発送された荷物は翌日にマレーシアに届き税関でストップ!!

おかしいなぁと思いながらも1週間ほど待っていたら、税関から「この荷物は関税がかかるから関税払いに来てー。」と電話が来ました(泣)

ちなみに税関の場所はKLIAの近く…

仕事の休みのタイミングが合わず、何度かメールのやり取りをしている内に

①税関まで支払いに行き、荷物を受け取る

②最寄りのPOSまで荷物を移送し、POSに取りに行く(関税+POSまでの送料)

③自宅コンドミニアムまで来て貰い代金引換(関税+POSまでの送料+手数料)

という選択肢がある事を教えて貰いました。

①の場合パスポートの提示が必要になるのですが、ちょうどこの時VISAの関係で手元にパスポートがない状態でした。

そのため③を選択したのですが、マレーシアの税関スタッフは呑気なのかメールや電話が全然返って来ない(泣)

結局荷物を受け取れたのは発送から2週間経った頃でした。。。

支払った金額は関税+POSまでの送料+手数料で約5000円でした。

 

 

2回目:成功例

前回の失敗例を踏まえ色々調べてみたところ、1万円以上の荷物になると関税がかかるという情報がありました。

そのため今回は金額を少なめに表記!

伝票

内容物:食品

金額:8000円

これが吉と出たのかすんなりと税関を抜け、3日後には我が家へ!!

追加料金を請求されることもありませんでした!

ただ、この伝票に記載する金額に関しては確実な情報ではないのでご注意を。

 

 

まとめ

以上、EMSの利用方法のご紹介でした!

マレーシアで購入する日本食品は日本に比べると高額かつ賞味期限が短い場合が多いです。

送料は少し高額になってしまいますが半年に1回など、たまに日本からの救援物資を受け取ると考えれば…!

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ポンタ

-KL移住

Copyright© KLのポンタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.