KL移住 KL観光

【住みたい国No1】移住1年目が感じた<マレーシアの悪い所15選>

はじめに

前回はマレーシアの良い所を記事にしましたが、今回はそんなマレーシアの悪い所をポンタの独断と偏見で書きたいと思います。

日本のテレビ番組などでは「海外移住したい国ナンバーワン」と言われてたりしますが、実際住んでみるとちょくちょく気になるところも…

既にマレーシアにお住まいの方には共感して頂ける内容も多いと思います(笑)

それではポンタ的「マレーシアの悪い所15選をご紹介します!



 

日本食が高い

マレーシアでは意外と日本食品が買えるお店は沢山あります。

調味料も豊富で、醤油・酒・みりん・わさびチューブなんかはもちろん、浅漬けのもと・白だし・めんつゆなんかも手に入ります!

また100円ショップのダイソーが入っているショッピングモールも多く、生活に不自由はしません。

 

しかし値段が高い!!

 

日本から輸入しているので当然といえば当然ですが、マレーシアで全て日本の食材・食品を購入していたら逆に日本より食費が高くなってしまいます。

 

お酒が高い

これはポンタ家にとっては大問題。

毎晩晩酌をするのがポンタとオヨメちゃんの楽しみなので、家計に大打撃です…。

マレーシアはイスラム国家のためアルコール飲料にはその度数に応じて税金が課せられます。

度数の低いビールや缶チューハイみたいなドリンクは比較的安価ですが、日本酒や焼酎なんかは結構なお値段です。

また、缶チューハイは今まで見ただけでも3〜4種類しか無く、味もアップルがほとんど。

日本みたいに沢山の種類があれば嬉しいんですが…。

そして何よりお店による価格の差が激しいという問題が!

例えばマレーシアで主流のTiger(タイガービール)は普段ポンタ達がよく行く激安スーパーでは1本RM5.4(日本円で約150円)で販売されているのに対してコンビニではRM9(日本円で約240円)もします!

毎日晩酌するポンタ家にとって、この差は結構大きいです…。

そんな中でも格安のお酒を見つけたのでそれは後日別の記事に書きます。

また、ローカルの人がよくお酒を買っている闇市的なお店もあるのですが、ポンタは怖くてまだ行けてないので今度勇気を出してこちらもレポしたいと思います(笑)

【本当は教えたくないマレーシアの激安酒屋】ビールが103円で買える!

続きを見る

 

雷・ヘイズが尋常じゃない

1年を通して30℃を超える温暖な気候ですが、東南アジア特有のスコールがほぼ毎日あります。

そしてを伴うケースが多く、その雷が尋常じゃない!!

日本じゃ聞いたことがない雷鳴と豪雨で、「この世の終わりかも」と思うことがよくあります(笑)

今では比較的慣れましたが、それでも外を歩く時は落雷が怖いです。

また、ヘイズの季節はかなり酷いです!

日本では聞き慣れないかもしれませんがヘイズというのは大気汚染の一種で、PM2.5なんかも含まれるとても有害なものです。

今年の9月は本当に酷く、朝起きて外を見ると一面スモークを焚いたように真っ白!

ポンタ自身もくしゃみと軽い頭痛が続いて大変な思いをしました。

 

虫が出る

以前の記事でも書きましたが、特に虫嫌いな方にとっては重大な問題ですよね。

【実録】マレーシアの虫事情!我が家の実体験と対策を全部公開!

続きを見る

 

日本に比べると治安が悪い

ポンタが実際に盗難や強盗の被害にあった訳ではないですが、やはり日本に比べると置き引きやひったくりの被害は非常に多いようです。

実際に知り合いがブキビンタンの繁華街を歩いていた時、バイクが後ろから近づいて来てバッグを取られるという被害に合いました。

モントキアラなどの日本人・外国人が多いエリアでは子供を狙った誘拐事件なども起きています。

日中は比較的安全ですが、夜間や人気が少ない場所は注意が必要です。

特に女性の一人歩きは本当に注意して下さい!!

また郊外など場所によっては街灯が全く、そういった場所での目立つ行動は控えた方が良いと思います。

日本ではあまり見なくなった野犬(野良犬)なんかも普通にいるので、夜に出会うと結構怖かったりもします。

(ポンタ達も犬は大好きですが、野犬は噛まれると狂犬病になってしまう可能性があるので十分に注意が必要です)

 

宅急便がすぐ届かない

ポンタ夫婦はよくLazada(ラザダ)という通販アプリを使います。

【清掃・通販】マレーシアでエアコン業者を呼んだらドタキャンされた…

続きを見る

日本でいう楽天に近いようなイメージで日用雑貨などを購入しているのですが、届くのが本当に遅い!!

 

基本的に商品が届くまでは早くて一週間遅いと一ヶ月かかってしまいます(笑)

お届け予定日の間隔も長くアバウトなので、いつも忘れた頃にやっと来るというイメージです。

ほとんどのお店が中国からの発送だからという理由かもしれません(笑)

お届け時間帯まで指定できる日本は素晴らしいと改めて感じました…

さらに注文の翌日に商品が届くのもマレーシアではありえません…

 

外のトイレは基本汚い

トイレで用を足した後は紙ではなくホースのお水で洗うというのがマレーシアの常識なので、トイレの床は基本ビチョビチョです。

また、トイレの使い方も日本とは違って基本汚いと思って下さい…

もちろん場所によりますが、綺麗なショッピングモールでもトイレだけは汚いという事は普通にあります。

場所によっては有料トイレRM0.2〜1(日本円で約5〜26円)があり、有料トイレは比較的綺麗です。

マレーシアに来てから日本のトイレの綺麗さが異常なんだと気付きました(笑)

 

水道水が飲めない

こちらも以前の記事で紹介しましたが、お水は毎日飲む物なので買ったり運んだりすることが手間と感じる時も…

【水道水は飲める?】マレーシアの水事情!人もペットもこれで安心!

続きを見る

 

鮮魚の鮮度が悪い

マレーシアに来て、日本の海産物は鮮度が圧倒的に良いんだと改めて感じました。

日本に住んでいた時はどのスーパーでも比較的鮮度の良い海鮮を購入できましたが、同じ感覚でマレーシアのスーパーに行くと衝撃を受けます

ハエが飛んでいたり、内臓が飛び出た魚や皮が溶けて剥がれた魚なんかが平気で売られています(笑)

伊勢丹などで日本から輸入された魚はもちろん大丈夫ですが、やはり値段の問題が…。

どうしても海鮮が食べたい時はポンタは迷わずNSKに行ってます!

NSKも全てが新鮮というわけではないですが、見極めて買うと鮮度の良いものを買うことができます。

またウェットマーケットと呼ばれる市場でも、比較的鮮度の良い海鮮が手に入ります。

【超穴場】マレーシアで刺身・海鮮を喰らう!〜NSK編〜

続きを見る

 

24時間営業のお店が少ない

夜お酒を飲んでいてつまみが足りなくなったり、お酒が足りなくなってコンビニに走るということ結構ありますよね?

マレーシアではそれが難しいという問題があります。

もちろん24時間営業のコンビニやスーパーもあるのですが、基本夜9時〜10時には閉まってしまいます。

コンビニはブキビンタンなどの繁華街では24時間空いていますし、セブンイレブンやローカルの99マートなどは空いていますが店舗数が少なく家から距離がある場合も。

スーパーはショッピングモールに入ってるケースが多く、ポンタの仕事終わりだと買いに行けません。

今のところポンタが知っている唯一の24時間スーパーは先ほども出てきたNSKです!

 

バスタブが無い

ホテルでもコンドミニアムでも基本的にはバスタブは無いのが普通です。

(中にはバスタブがあるところもあります)

毎日シャワーでもダメというわけではないですが、やっぱり日本人なので湯船が恋しくなります(笑)

スパなどに行けばお湯に浸かることはできますが、日本の銭湯に比べると値段が少し高いのがネック。

 

電車が来ない

マレーシアでは基本時刻表がなく、次の電車が後何分で来るのかはホームの電光掲示板に表示されるシステムです。

通勤時間帯は5〜6分感覚で来ることがほとんどですが、たまに全く来ないことが…

ポンタエピソード

普段通り駅に行き電車を待っていたら普段の3倍の人が!

何事かと思い電光掲示板を見ると普段流れる「後○分」という表示がなく、ホームではマレー語のアナウンスしか流れなくて全く何も分からない状態に。

仕方なく20分ほど待ちましたが一向に来る気配がないので、諦めてGrabに切り替えようと改札を出たら電車が来ました(笑)

Grabについてはこちら

【Grab グラブ】マレーシアのタクシーの使い方!クーポンあり◎

続きを見る

電車賃は激安ですが、あまり当てにはならないので通勤などで使うにはリスクがあります。

 

医療費が高い

日本の社会保険や国民健康保険などのシステムがないので、自分で保険に入らない場合は基本的に医療費は実費です。

(会社によっては会社が保険に加入している場合もあります)

ローカルのクリニックなどは比較的安価なようですが、やっぱり言葉が通じないという不安もあるのでインターナショナルクリニックに行きたい…となるとビックリするぐらい高額になることも。

ポンタの知り合いは虫歯の治療でRM3000(日本円で約78,000円)したそうです…。

 

子育て費用が高い

医療費と同じく出産にかかる費用も、高額になることも。

また、日本のように出産一時金という制度もありません。

さらに学校の問題もあります。

インターナショナルスクールに通わせるか、日本人学校に通わせるか…。

日本の公立学校のように安価で通わせることはできないので、こちらもしっかり準備が必要です。

ポンタ家ではまだ子供はいませんが、今から頭を悩ませています…。

 

レスポンスが遅い

マレーシアの人は南国特有のまったりした性格のせいか、メールなどでの問い合わせに対する返事が遅いです。

返答があればまだ良いですが全く音沙汰がないなんて事もザラにあります(笑)

電話すれば出てくれる場合もありますが、英語が苦手なポンタ達は顔を合わせての会話ならまだしも電話では伝わらないことがほとんど…。

これも結構頭を悩ませる問題です。

また、イミグレーションなどの政府機関では対応窓口をたらい回しにされるケースも…。

これは慣れないと結構ストレスだったりします。

 

 

まとめ

以上、ポンタ的マレーシアの悪い所15選(2019年現在)でした!

日本のテレビ番組などでは「住みたい国ナンバーワン」と言われてたりしますが、実際住んでみるとちょくちょく悪いところや嫌なところが見えてきます。

ですがもちろん良い所もたくさんあり、とても魅力的な国です!!

【住みたい国No1】移住1年目が感じた<マレーシアの良い所15選>

続きを見る

今後も現地に住むリアルな意見を配信していくので、これからの記事もぜひご覧下さい♪

ポンタ

-KL移住, KL観光

Copyright© KLのポンタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.